世界を、もっと、ぐっとファンタジーに。
だから今日も、書きます。企みます。

About

プロフィール画像

Miyabi Makita

2002.04.01 生まれ。
デジタルハリウッド大学 学部4年。書く人、企む人。

WORK

GAME

イメージ

無題

制作:2022.10
担当:プログラミング

短編映画「さまよえ記憶」の劇中で使用される、
ゲームコンテンツ。Unityでの実装を担当。

短編映画「さまよえ記憶」 公式サイト

イメージ

政治家になろう!

制作:2022.02
担当:プログラミング

政治家育成・世直しシミュレーションゲーム。
高橋元気氏の大学院修了課題にて制作。実装を担当。

政治家になろう!【DEMO版】  紹介ブログ

イメージ

Meteor Eclipse

制作:2021.03
担当:企画立案・ゲームデザイン・プログラミング

授業課題にて作成したシンプルな横スクロールシューティング。

イメージ

イィーイから回セイ!

制作:2021.02
名義:MAG(個人制作)

マウスを回して、キャラを吹き飛ばし、飛距離を競うミニゲーム。
Uniy1週間ゲームジャムにて制作。テーマは「回」

unityroom

イメージ

トシコシ!

制作:2021.12
名義:MAG(個人制作)

流れてくる文字の中から「年」だけを飛び越えるミニゲーム。

unityroom

イメージ

マキチラセ!

制作:2020.05
名義:MAG(個人制作)

ウイルスをまき散らしてハイスコアを狙うゲーム。
Uniy1週間ゲームジャムにて制作。テーマは「密」

unityroom

イメージ

War of fried shrimp 2

制作:2019.12
担当:企画立案・ゲームデザイン・プログラミング

初めて作ったゲーム「War of fried shrimp」のリメイク作品。
エビフライを撃ち合って戦う、3Dアクションシューティング。

紹介動画(YouTube)

イメージ

腕一本で十分です。

制作:2019.10
担当:企画立案・ゲームデザイン・プログラミング

弾数が制限されているので、敵を掴んで・投げ飛ばして戦う、
横スクロールシューティング。神奈川県 産業教育フェアにて発表。

プレイ動画(YouTube)

イメージ

Stardust Shooting

制作:2019.06
担当:企画立案・ゲームデザイン・プログラミング

パイロット視点の3Dシューティングゲーム。
日本ゲーム大賞2019 U-18部門のエントリー作品。

紹介動画(YouTube)

イメージ

ストノス ラヴィリンソス

制作:2018.10
担当:企画立案・ゲームデザイン・プログラミング

立体的な迷路を攻略していく3Dアクションゲーム。
第10回 東京情報大学 高校生プログラミングコンテスト
最優秀賞受賞作品。

イメージ

War of fried shrimp

制作:2018.08
担当:企画立案・ゲームデザイン・プログラミング

エビフライを撃ち合って戦う、3Dアクションシューティングゲーム。
Unityインターハイ2018のエントリー作品。

イメージ

【その他】個人開発 / 練習作品

Simple 壁よけゲーム(2018)/暴走バイク!!(2018)
Simple 仕分けゲーム(2019)/暴走バイク!! 2(2019)/おみくじ(2019)
3*ボンBar(2020)/侍のゲーム(2021)

など(編集中)

Writing

イメージ

DHU 2023年度 卒業制作展

制作:2024.02
担当:ボディコピー

ステートメント

2020年入学。

新型コロナウイルスによって、
私たちはたくさんの影響を受けてきた。

あるはずだった入学式はなくなり、はじめての授業はオンライン。
慣れないことだらけでくじけそうになった時もある。

でもさ影響って、悪いことだけの意味じゃないよね。

この苦境を乗り越えるぞって、一緒にできることを精一杯やってきた。
お互いに影響しあって、手を取り合って、ここまでやってきた。

なんかそれって、YEAHKYO!って感じしない?
ポジティブな影響を与え合ってるみたいな。

次は私たちが影響を与える番。
いろいろあったけど、
うちらは「コロナで可哀想な世代」じゃないよ。

イメージ

学園祭2023

制作:2023.11
担当:ステートメント

ステートメント

私たちは、囚われている。

あの日、出会ってしまった何かに縛られて、
あの日、出会うことのできた何かに魅せられている。

それは、追い風にだって、向かい風にだってなる。
だから、ちゃんと向き合いたいんだ。
そのための実験なんだ。

今、目指すのは、
これまでの人生の集大成で、これからの人生の出発点。

自分を知って、新たな自分に変わってゆくか、
自分を信じて、このまま道を突き進むか。

考えるなら、今だ。
実験を始めよう。

イメージ

&6

制作:2023.05
担当:チーム名・ステートメント

ステートメント

私たちは『&6(アンロック)』
インタラクションに挑戦し、私たちの世界を創造していく。

インタラクション。それは相互作用のこと。
お互いに影響し合って、初めて生まれる。

だから、アナタに届けたい。もっと大きな変化を起こすために。

アナタ「と」私たち「6」人で新しい世界を「解き放っていく」。
それが、私たち「&6」の願い。

鍵になるのはアナタだ。
さあ、一緒に世界を解き放とう。

イメージ

20³展

制作:2022.11
担当:ステートメント

ステートメント

20 それはきっと変化の数字だ。

科学の進歩なのか、常識の崩壊なのか、はたまた大人への小さな一歩なのか。
良い事ばかりではないけれど、それは変化を運んでくる。

20の次には、まだ見たことのない世界が広がっているはずだ。
だって、たくさんの変化の先で、僕たちは出会ったのだから。

2020。世界はひっくり返った。
今度は20 20 20。もう一度、ひっくり返るかもしれない。

何が起こるか分からないけど、なんかワクワクしちゃわない?

イメージ

韋駄展

制作:2022.09
担当:展示会名・ステートメント・キャッチコピー・挨拶文

キャッチコピー

いつだって、今が最高速度なんだ。


ステートメント

時間はとっくに動き出した。
だから、僕らも前へと進む。
全部、追い抜くくらいに勢いよく。
時間だって置き去りにしてしまうぐらい早く。
どんなに不格好でも、がむしゃらに突っ走る。
情熱が、好奇心が湧き上がってくる。
どんどん加速していく。
縛られる必要なんて無い。
今が一番、若いんだ。好き勝手やっちゃおうぜ。
この瞬間に、僕たちの溢れ出る輝きを焼き付けてやろうぜ。
そして、もっと先へ行こう。走り抜けよう。
韋駄天のごとく。

イメージ

-Xs/s

制作:2021.11
担当:展示会名・ステートメント

ステートメント

これは、前進のための逆行だ。

僕たちは多くのものを奪われた。
彼らの脅威は凄まじく、立ち止まることしかできなかった。

人々は抗った。
しかし、彼らは抵抗を物ともせず、勢力を拡大していった。

僕たちは、後退せざるを得なかった。

後悔と叶わぬ理想だけが、積もっていく。
ただ、悪戯に、時間だけが過ぎ去っていく。
逃げ出したくても、逃げ出せない状況が心を曇らせる。

夢も希望も青春も、もら、どこかに置き忘れてきてしまった。

僕たちの光は、消えた。

あれから少し、時が経ち、希望が戻りつつある。
前を向く気力が、心の内から湧いてくる。
幸せだ。

だが、これで良いのだろうか。

僕たちが置き忘れた、輝く物たちは、置き去りて良いのだろうか。

いや、ダメだ。
あの感情を取り戻さねば。

だから、決めた。
この時間に逆行すると。

これは、後悔が生み出した逆行じゃない。
これは、絶望から逃れるための逆行でもない。
希望を取り戻すための逆行なのだ。

もう、誰も止められない。
僕たちのこの情熱は、この昂る感情は。
止まらない。

そう、これは、前進のための逆行だ。

Art (Media Art / Interactive Art)

イメージ

Room 800

※編集中※

イメージ

@20³展

制作:2022
展示:2022.11

20個のお題を自分なりの解釈で、表現した作品。
『20³展』にて展示。

イメージ

無意識の生命

制作:2022
展示:2022.08

除湿器と水槽を組み合わせたメディアアート作品。
『韋駄展』にて展示。

イメージ

逆時計

制作:2022
展示:2022.03

逆方向に時を刻むアナログ時計。
『展るどもがんかじ』にて展示。

イメージ

反転小説

制作:2021
展示:2021.11, 2022.03

文字入力で文字が消え、Backspaceで文字が書かれるPC。
『-Xs/s』『展るどもがんかじ』にて展示。

Event

イメージ

夏の大運動会 2023

実施:2023.08.29
担当:運営

2023年度は夏に大運動会を開催しました。
約70名の学生が参加しました。

イメージ

秋の大運動会 2022

実施:2022.11.22
担当:企画立案・運営

デジハリ大初の大運動会を開催しました。
約70名の学生が参加しました。